フェリス女学院

神奈川県にある私立校、フェリス女学院高校の学生服を掲載致します。

神奈川県横浜市中区山手町178に所在する日本初のキリスト教主義学校女学校。

完全中高一貫女子高で、高校からの生徒募集はしていません。

1870年より女子教育に力を注いできた進学校で、

女子高として横浜御三家なんて言われたりもしています。

日曜日の教会出席を奨励しているのも教育面での特色ですね。

学生服は1921年に『女学生標準服』としてセーラー服を推奨していましたが、

実際に着用していたのは一部生徒にとどまっていたようです。

その後、1924年に正式採用し、時代と共に洋服が広まったこともあり、

1925年春には全員が着用するようなったと言われています。

現在でもフェリス女学院では伝統のセーラー服を採用していて、

その人気はかなりのものです。

さすが女子学院と並び賞されるだけはあります。

冬の学生服は紺色のセーラー服に赤いリボン、

襟と袖口、胸ポケットにも赤の3本ラインがあります。

袖口のラインは斜めに入っているのも特徴の1つと言えるでしょう。

そして、セーラー左肩には校章の腕章が付いているデザインとなっています。

夏は白に水色のセーラーカラー、リボンは黒を着用するので、

清涼感の中に重たい重厚なイメージをもたせますね。

左肩にはもちろん腕章がついています。

また、夏は暑さ対策として準制服も制定されました。

これは準というだけあって、チェックスカートのみ指定品があり、

上衣は襟が付いていて白のブラウス、またはポロシャツなら何でも良いようです。

柄はワンポイントまでという決まりはありますが、それ以外は特に大丈夫で、

暑い時期ですので、生徒の8割は準制服を着用しています。

フェリス女学院の学生服フェリス女学院の学生服

今回の学生服画像は買い取りのサンユウ様のご提供です。

フェリス女学院の夏学生服画像をお持ちの方は、是非ご提供下さい。